• TOP
  • お知らせ
  • 令和元年度 介護労働実態調査結果(介護労働安定センターより)
お知らせ NEWS

2020/09/14

お知らせ

令和元年度 介護労働実態調査結果(介護労働安定センターより)

先月、介護労働安定センターより 令和元年度介護労働実態調査(岡山県版)

結果が公表されました。その中の一部を抜粋してお伝えします。

 

介護のお仕事を始められるとどうしても他の施設の情報って伝わってこないですよね

今、介護のお仕事をされている方またはこれから介護のお仕事を始めようと思われている方

介護の現場の状況が伝わればいいなと思います。

 

1.離職率について(2018/10/1~2019/9/30の1年間) 

 訪問介護、介護職員、サービス提供責任者の3職種計・・・15.8%

 離職者の勤続年数は 3年以上の方が42.4%という結果でした。

 ちなみに1年未満で離職されたのは34.7%

 

 ◎この数字だけ見ると離職率が高いのか低いのわかりにくいので厚生労働省

  から出ている平成30年雇用動向調査結果を見てみました。◎

  

  産業別にみると最も離職率が高いのは「宿泊業、飲食サービス業」26.9%でした。

  ついで「生活関連サービス業、娯楽業」23.9%「教育・学習支援業」16.6%・・・・

  他と続きます。

 

2.早期離職防止や定着促進の為の方策について

 本人の希望に応じた勤務体制にする等の労働条件の改善に取り組んでいる・・・68.8%

 職場内の仕事上のコミュニケーションの円滑化を図っている・・・56.3%

 残業を少なくする、有給休暇を取りやすくする等の労働条件の改善に取り組んでいる・・・53.9%

 

3.人材育成の取り組みのための方策について

  教育・研修計画を立てている・・62.7%

  自治体や、業界団体が主催する教育・研修には積極的に参加させている・・・34.6%

 

≪ 労働者の個別状況 ≫

1.平均年齢・・・48.5歳

 

2.保有資格

 介護福祉士・・・53.4% 

 介護職員初任者研修・・・23.8% 

 無資格・・・9.3%

 

3.賞与

 有り・・・76.8%  無し・・・7.2%  無回答・・・16.0%

 平均賞与額・・・618,030円

 

4.法人格(経営主体)

 民間企業・・・53.9% 社会福祉法人・・・26.6%

 

5.実施している介護サービスの種類

 通所介護・・・35.9%  居宅介護支援・・・30.5%  訪問介護・・・28.1%

 

【まとめ】

 介護のお仕事ってイメージで「きつい、大変、人辞める」って思っていませんでしたか?

 確かに離職率は低いとは言えませんが、高いとも言えないと思いました。

 しかも、事業所としては離職を防ぐ為の努力をとてもされているようです。

 ※これは事業所を回っていて感じていました。本当にどこの事業所様も努力をされています。

 これから介護業界は『もっと良くなるだろう、きっとなる』と思います。