• TOP
  • お知らせ
  • 【働き方編・パート3】介護事業所で働くにはサービスの理解が必要です
お知らせ NEWS

2021/03/31

事業所選びのコツ

【働き方編・パート3】介護事業所で働くにはサービスの理解が必要です

【働き方編・パート2】に続きサービスの理解です。

 

サービスを理解した上でご自身の将来像(なりたい姿)をイメージして

転職先を決めることをお勧めします~(^^♪

 

 

サービスの理解【働き方編・パート3】

 

<訪問介護事業所>

唯一初任者研修以上の資格が無いと

お仕事をすることができないサービスです。

雇用形態が他の事業所に比べ特殊で

①正社員 ②常勤パート ③登録パート とあります。

 

①の正社員は管理者やサービス提供責任者であるところが多いです。

②と③は同じパートでも働き方が違います。

 

③の登録パートさんは直行直帰が原則です。

書類を渡しに事業所に行くことはあります。

頻度は事業所により様々ですが、週1回くらいが多いかもしれません。

小さなお子様がおり家事の合間に働きたい方やダブルワークで働きたい方

などにお勧めです。

 

 

<小規模多機能型居宅介護支援事業所>

通称 ‟小多機"は、訪問・通い・泊りのサービスを一体的に提供する為

ローテーション勤務となります。

日中は時間の縛りが無い小規模のデイサービスのような感じ。

デイサービスに来られていない利用者様宅には訪問に行きますが、

いわゆる訪問介護とは違い、だいたいの事業所はお弁当をお持ちし

『見守り』の為の訪問になります。

泊りも4名~9名くらいと小規模です。

 

福祉的な要素が強いサービスになります。

 

以上、介護事業所のサービスの説明になります。

 

【働き方編・パート2】はこちら↓↓

 https://www.okayama-kaigofukushi.net/news/detail/?pk=119